裁判所を利用した任意整理とは

特定調停とは裁判所を利用した比較的新しい債務整理の手続きのことです

特定調停とは簡易裁判所を利用して負債を圧縮する手続で平成12年2月から施行された新しい債務整理手続です。
特定調停利用の目安は任意整理と同様に利息制限法で引き直しをした後の債務を3年以内に返済できるかどうかです。
“裁判所を利用した任意整理とは” の詳細は »

ちょとまって!闇金から借りようとしてませんか

一時限りの営業や闇でこっそりと営業許可をダミーで取っているような業者はすぐにわかります

法改正をもとに、正当な理由なくして登録から6ヶ月以内に事業を開始しなかったり、6ヶ月以上事業を休止した場合は登録取り消しの対象となるという内容のように、一時限りの営業や闇でこっそりと営業許可をダミーで取っているような業者はすぐにわかります。いわゆる「いい加
“ちょとまって!闇金から借りようとしてませんか” の詳細は »

将来利息とは?

債務整理に置いて将来利息とは,和解時から完済するまで、例えば3年ないし5年の利息のことをいいます

債務整理に置いて将来利息とは,和解時から完済するまで、例えば3年ないし5年の利息のことをいいます。もし、弁護士や認定司法書士などの専門家を付けなければ,この間も高金利なような 高利率のおまけがつけられている可能性もあります。債務整理の任意整理時に
“将来利息とは?” の詳細は »

自己破産と債務整理について

債務整理の自己破産が全てを失うイメージの人も多いようですが、前向きな制度なのでどうにもならなくなった際には専門家に相談しましょう。

自己破産とは債務整理方法のひとつで、裁判所へ申し立てをして借り入れたお金をなかったことにする手続きです。人生を再スタートするという意味で制定されています。自己破産というと、どうしても暗く人生おしまいであるというようなイメージが付きまといますが、自己破産手続
“自己破産と債務整理について” の詳細は »

無理な借金と正しい債務整理で貸金業のクリーン化

無理な借金返済が防げる方法が広がったことで貸金業のクリーン化が整ったということは、債務整理の良い進め方がしやすくなったということです。

貸金法の改善の意味が非常に私たちの債務整理にも重要な役割を果たしていることはよくお分かりになっているかと思います。また不当な消費者金融がはびこらないことについても大きな改善をもたらしています。
“無理な借金と正しい債務整理で貸金業のクリーン化” の詳細は »

債務整理に有利なポイントは?

法改正により今後の無理な借り入れが制限されること、また債務整理の再計算で 払いすぎの金利を戻したり、負担が軽減されることにつながりました。

ここで借りすぎを防ぎ、債務整理に有利なほう改定のポイントを見て行きましょう。

改定ポイントは、 2006年の12月に成立した法律で、最も重要なのは
“債務整理に有利なポイントは?” の詳細は »